検索



論文投稿
 
COUNTER145341
 
日本ミュージアム・
マネージメント学会事務局

〒135-0091
東京都港区台場2-3-4
(株)乃村工藝社 文化環境事業本部内 
TEL・FAX 03-3521-2932
メール:kanri@jmma-net.org
 
 

リレーコラム

コラム
2016/08/17

リレーコラム5「第21回大会(北海道大会)を振り返って」

| by 事務局

 大会を地方都市で開催する事は、主管する支部はもとより、学会にとってもいろいろな期待と不安が錯綜する。ましてや、水嶋新会長の初陣大会となれば、気の入れようも違ってこよう。

 東京から遠く?離れた地方都市で活動する地方都市博物館関係者にとって、全国各地から博物館学の研究者が一堂に会する大会の魅力は計り知れないものがある。しかし、学会に出席したいが、開催地が遠いと参加したくても出来ない諸事情も多い。それでも会員は会誌情報しか得られない事に釈然としない気持ちを抱きながら、参加機会を探っている。

 地方博物館学芸員等職員の各種学会加入率が低い北海道。その背景の一つが、行政上の身分の違い。多くの学芸員等は専門職員として位置づけられている者であっても、ほとんどは研究職員発令を受けず、一般事務職員発令に留まっている。研究職給与表を持ち、運用している市町村がほとんど無い事が原因で、他方、大学や北海道立クラスの学芸員等博物館職員のほとんどが研究職発令を受けている。

 研究職発令を受けていると、学会への出席は、業務、もしくはそれに準じる扱になる事が多いが、一般行政職発令を受けた学芸員等は、行政内部の認知度の低さもあって、参加のそのほとんどが休暇処理、経費も自弁がほとんど。さまざまな業務に追われる日々の中で、学会参加を業務として理解していただくには、まだまだ超えなければならない壁を感じる。  

 そうした学芸員等が参加しやすい環境作りは、大会や各種研究会でも一層配慮し、努力して欲しいと思う。北海道のみならず、日本の博物館は、地方で努力し活躍している学芸職員等がその底辺を築いていることを忘れてはならない。今回の大会閉会式で、「初めて学会に参加しましたが、本当に勉強になりました」と熱い眼差しで語ってくれた地方博物館学芸員の言葉に、大会の成功を実感した。

JMMA北海道支部長 土屋周三

2016810日)


09:43 | 投票する | 投票数(4)
2016/07/25

リレーコラム4 「第21回大会を振り返って」

| by 事務局

 今回、札幌で開催した第21回大会は、とても意義あるものでした。参加人数は、東京で開催する大会を上回り、研究発表の内容も興味深いものが数多くありました。加えて、今大会は、北海道大学、北海道教育大学をはじめとした地元の学生の参加が多く、学会の普及啓発を図るという意味でも良かったと考えます。北海道支部長として活躍されている土屋理事をはじめ、北海道支部の皆様のお骨折りに改めて感謝する次第です。
 JMMAにおける大会は、研究紀要のように、理論的、実践的な研究を体系的に取りまとめ世に問うものばかりでなく、長年温めてきた試案や提案、あるいはちょっと視点を変えた分析結果の発表なども可能です。それが、JMMAの良さであり、これからも続けていくべきものと考えます。
 ただ、大会を通じて反省すべき点もありました。その一つが、パネルディスカッションや研究発表の場で、学生の方々から質問や意見を言っていただく機会をあまり作れなかったことです。諸先輩がいる場所で質問することはとても勇気がいることですが、後になって見ればきっとよい経験になるはずです。来年度以降、パネルディスカッションや研究発表の場で、学生からの質問を受け付ける時間を設けられればと思います。
 次回は、東京での開催となりますが、今年の札幌で感じた賑わいと熱気を東京に運んでくることができるよう、取り組んでいく所存です。

JMMA副会長 松永 久
(2016年7月25日)


12:50 | 投票する | 投票数(3)
2016/02/09

リレーコラム3 「三方よし」

| by 事務局

ミュージアムという概念が日本に導入され、定着して久しい。ミュージアムには、博物館という建物だけでなく、ミュージアムという機能も合せて考える必要がありますが、一般の方には建物のイメージが強いですね。近年のミュージアムを取り巻く社会環境、社会的要請は、国、自治体、企業等の財政・財源の厳しさを受け、ハードへの支援が減ってきていること、ソフトを充実させ、社会に対しミュージアムの存在意義を提示することが求められています。地域社会を巻き込んだミュージアムという考え方がますます必要になってきているのでないでしょうか。

私自身の経験を申し上げると、「三方よし」という言葉に出会い、その考え方に感銘を受けました。東近江市にある近江商人博物館は江戸時代から活躍した近江商人の当時の様子を展示しています。ご案内の方が多いかと思いますが、三方よしは近江商人が遠方にて商売をする場合の家訓として残した言葉とも言われております。三方よしとは、買い手よし、売り手よし、世間よしのことです。近江商人が見知らぬ土地で商売をする場合、まずは買い手にとって良い商売をするのは当たり前ですが、売り手にとってもメリットがないと商売は続きません。さらに、近江商人が出先地域での商売が許さるためには、その地域への経済的貢献が必要であることを示しています。近江商人は成功をおさめ、現在の繊維業・総合商社・百貨店業等に引き継がれております。

ミュージアムの事業をマーケティングという目で見てみると、ミュージアムという市場において、様々な「モノ」「人」「情報」があり、価値のあるものを体験し、体験を持って帰る利用者とそれを提供するミュージアムということになるでしょう。買い手である利用者にとって価値があり、売り手であるミュージアムにとってメリットのある事業を展開することが求められております。さらに世間である地域社会や設置者から見た価値を創造できる事業を考える必要があります。三者の関係性はそれぞれが主張する価値によって拮抗することもあります。利用者にとって満足できる事業でも職員にとって負担があり、ミュージアムの資源が枯渇する場合、事業は続きません。また設置者から見て納得できる事業戦略を計画する必要があります。三者にとって価値のある、そして価値を協創できる関係性を構築していくことが重要だと思います。

JMMAでは、2012年度の大会でミュージアムの文化的価値に関するシンポジウムを開催しました。利用者が経験できる個人的価値、ミュージアムが提供する学術的価値、社会に要請される社会的価値という提案がありました。江戸時代の三方よしは、ミュージアムの経営にも生かすことができる理念だと思います。現代風に言えば三つのステークホルダーがウィン・ウィン・ウィンの関係というところでしょうか。

2016年度のJMMA大会は、617日~19日に北海道で開催されます。テーマは「人々とともにつくるミュージアムの文化的価値」です。ミュージアムが地域の人々とともにどのような価値を創造できるのか、皆さん一緒に考えてみましょう。

JMMA副会長 小川義和
(2016年2月8日)



09:24 | 投票する | 投票数(3)
2016/01/08

リレーコラム2「吹かせよう,新しい風!ミュージアムはどこへ向かう?」

| by 事務局

 新年明けましておめでとうございます。本年もミュージアムマネージメント学会をよろしくお願いいたします。

 

 昨年末から続いた,パリでのテロ事件,ヨーロッパを始めとする各国への多数の難民,北朝鮮の核実験など,日本を取り巻く激変する社会的環境の中で,ミュージアムはどのように経営・運営されていくべきなのでしょうか。1920世紀を通じて確立されてきた「ミュージアム理論」は,時代の変化の中でもその有用性を示してきました。特に日本では,貴重な文化資源の保存と活用を旨とする博物館法が有効な手立てとして機能して各地に有用なミュージアムを誕生させてきましたが,調査研究と実物資料の保存と資料を活用した教育普及活動がその中心でした。その後,日本経済の長い低迷期を迎えて,ミュージアムの設置・運営にも工夫が求められる時代となり,「ミュージアム・マネージメント」が求められることとなりましたが,指定管理者制度による運営が拡がり,人材育成などにも新しい課題が生じています。

 ミュージアム・マネージメントの実践場面や研究などにおいても,過去の手法から脱出できず,仕組みを変えることにいささか抵抗感があるのも事実でしょう。ミュージアムにとっては,過去を温存し,歴史を護ることは極めて重要な機能ですが,少なくとも,私たちJMMA会員は新しい考え方を取り入れ,ミュージアム・マネージメントの研究と実践の観点から新しい動きを創造していくことが期待されています。もちろん,これまでの学問分野の蓄積にそってルールを踏襲していくことは必要ですし,大いなる実験を博物館の現場で果敢に挑戦し,常に「風はどこに向かっているか」という問いを発しながら,そのミュージアム実践・実験を普遍的な理論へと昇華させる努力をしていくことが今求められています。

 

JMMAは創立以来20年を経験し,これから自立した学会運営を更に発展させていく新しい体制を整えました。このような時代に「新しい風」を吹き込もうとするわけです。このような新しい風にのって,私たちは果たしてどのような方向に動いていくべきでしょうか。

 

当学会の運営も,この時代の流れに対応すべく,学会のウェブサイトも刷新し,アーカイブ機能や会員同士の交流機能を整備いたしました。また,会員の研究発表を容易にするための投稿方法もこれまでの手作業からウェブ対応へと進化させました。これらによって,JMMAの過去の活動を参照し様々な議論を通して新しいビジョンを創造することが可能となるでしょう。

 学会は楽しみながらも真摯に学術振興に寄与するためのものです。どうぞ新しい提案・提言・実験・実践・研究発表でミュージアム界に新しい風を起こしていきましょう。

 

JMMA副会長 高安礼士

(201611)


13:29 | 投票する | 投票数(5)
2015/11/17

リレーコラム1 「新しい酒には新しい革袋」

| by 事務局


 今年
(2015)JMMA創立20周年の記念すべき年です。20歳の成人式を迎えたという意味では,これから自立(自律)して本学会を更に発展させていくよう新しい態勢で臨んでいきたいと考えております。

 誰もが感じているように,時代はものすごい速さで進んでいます。学会運営も,この時代の流れに対応すべく,学会のウェブサイトも刷新しました。アーカイブ機能を持たせているため,過去の資料も参照することができますし,論文投稿もこれまでの手作業からウェブ対応へと進化しました。

 さて,新しい酒には新しい革袋が必要ですが,果たして,私たちはこの格言的教えを実行しているでしょうか。

 博物館運営の実践,ミュージアム・マネージメントの研究など,過去のシガラミから脱出できず,空気を入れ替えることにいささか抵抗感があるのではないでしょうか。博物館ですから,過去を温存し,歴史を護ることは極めて重要な働きですが,少なくとも,私たち学会員は新しい考え方を取り入れ,ミュージアム・マネージメントの分野で(研究の視点から)実践してみることも必要なのではないでしょうか。

 もちろん,論文の書き方・纏め方は,これまでの学問分野の蓄積にそってルールを踏襲していくことは必要です。しかし,大いなる実験を博物館の現場で果敢に挑戦し,常に「なぜ」という問いを発しながら,その博物館的実践・実験結果を普遍的な理論へと昇華させる努力をしていくことも,時には必要なのではないでしょうか。

 学会は皆さんで創るものです。どうぞ新しい提案・提言・実験・実践にチャレンジしてみてください。多くの教訓をお互いに深めていきましょう。

JMMA会長 水嶋英治

(20151115)


08:42 | 投票する | 投票数(6)